夜跳ぶジャンクガール (星海社FICTIONS)

著者 :
  • 講談社 (2011年11月16日発売)
3.80
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
感想 : 5
3

「読み始める前にネットで舞城の影響が強いと見たけれど、舞城より西尾の雰囲気に似ている。ヒロインの墓無は戦場々原ぽかったし。」
と途中までは思っていたが、読み終えた今では、やっぱりところどころに舞城感じさせる部分があったなー、と。
「愛」とか「運命論」について主人公が語り始めた時のテンション、雰囲気、語り口調がまさに舞城のそれだった。

イラストの「きぬてん」さんの絵はそそられます。

作者が、10年代を駆け抜けられたとしても、先頭を走っている姿を今現在は思い浮かべられない。
機会があれば次も。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2011年12月27日
読了日 : 2011年12月28日
本棚登録日 : 2011年12月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする