古典力 (岩波新書)

3.81
  • (40)
  • (68)
  • (47)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 616
レビュー : 74
著者 :
akihirawさん 本・読書   読み終わった 

斎藤孝先生の本は、いつも背中を押してくれる本が多い。

インターネットをはじめとする情報環境の激変は、世界中の知、情報にアクセスすることを容易にした。だが、膨大な情報の海に飲み込まれて、自分の立ち居地が分からなくなっていることが、実は多いのではないか。トラフィック量が膨大となった流れの中にいることで満足して、考えなくなっていることに原因がある。要は、「足場」が必要なのだ。「心の重心」を保つことが大切なのだ。長い時間に晒されてきた古典は、それを助けてくれる。だから、「マイ古典」を作りなさいと斎藤先生は言う。

『カラマーゾフの兄弟』、『千夜一夜物語』、『嵐が丘』、『生物から見た世界』、『オイディプス王』、『君主論』など、50編の古典が紹介されている。いやいや、それではおさまらなくて、おまけの50冊も(笑)。どうも、紹介したい本はたくさんあるようだ。だから合計100冊。

ボクは『カラマーゾフの兄弟』の解説の最後に共感する。「人生の意味より、人生そのものを愛せ!」

レビュー投稿日
2013年3月17日
読了日
2013年3月17日
本棚登録日
2013年3月9日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『古典力 (岩波新書)』のレビューをもっとみる

『古典力 (岩波新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする