ゴールデンスランバー (新潮文庫)

4.11
  • (2571)
  • (2720)
  • (1295)
  • (195)
  • (46)
本棚登録 : 22619
レビュー : 1705
著者 :
あきもんさん  未設定  読み終わった 

人生の最大の武器は、習慣と信頼だ、
この台詞に尽きるのかもしれない。

青柳とまわりの助っ人たちの逃走劇。
読むうちにスピード感が増して
終盤はあっという間に読み進めてしまった。

ハッピーエンドとは言えないはずなのに
どこかほっこりする終わりだった。
青柳の本当の姿を知る人たちは
誰も彼を疑うことはしなかった、
これは彼の人柄の賜物なんだろう。
樋口、森田、小野、父親含め
周りの助っ人たちとの間には
間違いなく信頼関係があった、
それが彼の逃げる道を作った。

出てくる登場人物皆が
どこか憎めないキャラクターなのと
軽快なクスりとくる会話がやはり伊坂さん。

レビュー投稿日
2019年5月20日
読了日
2019年5月20日
本棚登録日
2015年9月3日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゴールデンスランバー (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ゴールデンスランバー (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする