皆川博子コレクション2夏至祭の果て

4.31
  • (6)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 9
著者 :
制作 : 日下三蔵 
akiyoshi999さん 皆川博子   読み終わった 

皆川博子の未収録作品のうち、時代小説に焦点を絞って収録した2巻目。表題作は宗教と人という壮大なテーマに挑んだ大作。キリシタン迫害という時代の波に翻弄されながら、信仰とは、自分とは何かを追い求めてもがく若者の姿が痛切でかなしい。文章が持つ膨大な熱量、気迫に圧倒されて、読み終えた後にものすごい虚脱感のようなものに襲われる。
脱疽で両手脚を切り落とした女形・澤村田之助を描いた「冰蝶」、同じく歌舞伎の女形を主人公に据えた「花道」も、凄艶で狂気に満ち、美しい。

レビュー投稿日
2013年8月4日
読了日
2013年8月3日
本棚登録日
2013年8月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『皆川博子コレクション2夏至祭の果て』のレビューをもっとみる

『皆川博子コレクション2夏至祭の果て』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする