陰陽師 夜光杯ノ巻 (文春文庫)

4.10
  • (115)
  • (148)
  • (79)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 1106
レビュー : 115
著者 :
akizm1215さん 陰陽師   読み終わった 

今回はちょっと多めの短編集。ほのかに縦軸は恋愛な感じ。ただただまっすぐで素直な博雅の言葉に清明が詰まるのがお楽しみ。映画の影響でいまだに野村萬斎と伊藤英明の顔がちらつきます。あ、博雅はどちらかというと岡野玲子のマンガの方が多いかも。
今回のハイライトは本人の意図としないまでも琵琶を自分の式としてしまった博雅の純粋さにつきるかと。

レビュー投稿日
2017年10月25日
読了日
2017年10月25日
本棚登録日
2017年10月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『陰陽師 夜光杯ノ巻 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『陰陽師 夜光杯ノ巻 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする