アフターダーク (講談社文庫)

3.15
  • (393)
  • (983)
  • (2746)
  • (640)
  • (182)
本棚登録 : 12356
レビュー : 1079
著者 :
akikoさん  未設定  読み終わった 

相変わらず、村上春樹さんの小説は、よくわからない世界観なのに読みやすい。どんどん読んでしまう―。不思議だ。

私は夜が怖い。
とっても楽しい1日を過ごしても、ハワイのような楽園にいても、家族みんなが1つ屋根の下にいても、夜が来て1人で寝るときは怖くなる。
この小説を読むときは、そういった夜の怖さを即座に思い出した。
それぐらい夜の静けさ、孤独、怖さがリアルに描写されている―。
そして、朝が来る頃にはそんな影は全くなくなってしまうところまで。

私にとって、この小説の内容はどうでもよかった。
ただ、闇が訪れる時間帯の空気感が伝わってくる。それがやたらリアルで、感動した。

レビュー投稿日
2014年6月8日
読了日
2014年5月1日
本棚登録日
2014年6月8日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アフターダーク (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『アフターダーク (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする