智恵子抄 (280円文庫)

4.11
  • (30)
  • (24)
  • (17)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 315
レビュー : 39
著者 :
akikoさん poem   読み終わった 

祖父母の家が智恵子と同じ安達郡にあって小さい頃からよく遊びに行っていました。
福島の田園と安達太良山は私も大好きな風景だったので、「安達太良山」という単語が出てくるたびに、今の福島の現状を思い、涙が出ました。

素人意見かもしれませんが、芸術家には感情が豊かすぎて、精神に異常をきたす人が多いように思います。
私は芸術家に憧れ、その精神異常でさえ、美しいと思ってしまいます。

特に智恵子は美しい。

そして、この「智恵子抄」は智恵子を愛した光太郎が書いた詩なので、より美しく目に浮かびます。

つい何回も繰り返し読んでしまう1冊。おすすめです!

レビュー投稿日
2012年3月8日
読了日
2012年3月7日
本棚登録日
2011年11月16日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『智恵子抄 (280円文庫)』のレビューをもっとみる

『智恵子抄 (280円文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする