月は幽咽のデバイス (講談社文庫)

3.30
  • (91)
  • (294)
  • (845)
  • (73)
  • (7)
本棚登録 : 3215
レビュー : 250
著者 :
akubirabbitさん  未設定  読み終わった 

やはり、なんともスマートでオシャレなミステリー。
意味があると思われていた、殺人現場の状況が、蓋を開けてみれば偶然の産物だったとは。
まさか、密室だと思っていた空間が、あんな方法で密室ではなかったとは。ホーンテッドマンションを思い出した。
何度か思い込みを覆された。

結局、最後まで、事故だったのか殺人だったのかは判然としない。それがまた、ざらりとした気味の悪さを残して印象深い。

レビュー投稿日
2018年11月13日
読了日
2018年11月13日
本棚登録日
2018年11月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『月は幽咽のデバイス (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『月は幽咽のデバイス (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする