茶の本 The Book of Tea【日英対訳】(対訳ニッポン双書)

4.50
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 3
著者 :
制作 : 松岡正剛 
aladdinaさん  未設定  読み終わった 

この本を読んで、初めて茶道というものを少し知った気がする。
茶道の作法云々ではなく、その背後の精神性とも言うべきものを。
また、茶道以外の日本文化・・・建築、作庭、美術、慣習についても理解を深めることができた。
これを読んでますます日本の文化は世界に誇れる文化だと思った。
今まで日本人として、何も知らなすぎた、とも感じた。中にはちょっと行き過ぎた表現があることも確かだけど、西洋礼賛の明治時代において、こうまでも確固とした日本のアイデンティティーを唱えた岡倉天心はただものではないと思った。
逆に言うと、西洋の文化を知ったからこそ初めて日本文化の素晴らしさに気づいたということもあるのかもしれない。

レビュー投稿日
2008年7月21日
読了日
2008年7月21日
本棚登録日
2008年7月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『茶の本 The Book of Tea【...』のレビューをもっとみる

『茶の本 The Book of Tea【日英対訳】(対訳ニッポン双書)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

『茶の本 The Book of Tea【日英対訳】(対訳ニッポン双書)』にaladdinaさんがつけたタグ

ツイートする