外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々

3.70
  • (71)
  • (186)
  • (132)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 1329
レビュー : 166
著者 :
えぐでぃんさん ビジネス   読み終わった 

外資系金融機関で働く著者が金融業界について赤裸々に語っている.少々言葉遣いの悪い部分もある.
大きく内容は2点.1点目はリーマンショックやギリシャ財政破綻等に触れつつ,金融機関の抱える構造的問題について.2点目は金融機関の労働環境について.主にどこだったらどんな仕事ができてどんくらい稼げるかってところ.
初出の単語は解説しつつ分かりやすい表現で書いており,金融・経済ペーペーの自分にも読める内容であった.
金融業界に就職を考えている就活生には一読の価値がありそう.
個人的には,外資系投資銀行で働くのは金稼ぐにはもってこいだしそこまで労働環境もきつくはなさそうだけど,マネーゲームは一生やり続ける程にやりがいは感じられなさそうだなぁという印象.

レビュー投稿日
2015年3月12日
読了日
2015年3月12日
本棚登録日
2015年3月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『外資系金融の終わり―年収5000万円トレ...』のレビューをもっとみる

『外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々』にえぐでぃんさんがつけたタグ

ツイートする