とかげ (新潮文庫)

3.29
  • (218)
  • (430)
  • (1564)
  • (112)
  • (30)
本棚登録 : 4979
レビュー : 460
著者 :
alex0715さん 小説   読み終わった 

どの短編も、心や過去に深くて暗い傷を負った主人公たちが、それでも今の幸せを信じて進んで行く物語。このような悲しい経験のない人でも、人生に虚しさを覚えることは誰しもあること。そんな人が、運命を信じて健気に生きていくためのきっかけになりうる本だ。

大川端奇譚
他人に明かすのがかなりはばかられるような性的な過去を持った主人公の恋物語。その過去が彼にばれた時、彼がすんなりと過去を水に流してくれた時に主人公はこう思うのである。
「世の中は私があれこれ考えているから動いているのではなく、大きな渦巻きの中に私もこの人も誰も彼もがいて、なにも考えたり苦しんだりしなくてもただどんどん流れては正しい位置に注ぎ込まれていくのかもしれない」
そう、人生というのは大きな渦巻きなのだ。抗っても仕方ない。ただ、その渦に身を任せて、リラックスするのが必要なのだ。

レビュー投稿日
2016年2月25日
読了日
2016年2月22日
本棚登録日
2016年2月25日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『とかげ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『とかげ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『とかげ (新潮文庫)』にalex0715さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする