こころの傷を読み解くための800冊の本 総解説

3.56
  • (3)
  • (5)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 14
著者 :
am0rmさん Others   読み終わった 

伊東 寛さんの素敵な挿絵にふらふらと吸い寄せられ
手に取った一冊。

赤木かん子さんが読売新聞で連載していた「本の探偵」は
楽しく目を通していたのだけれど、著作はこれが初めて。

いやあ流石赤木かん子さん。
彼女の知識量の多さにはただただ舌を巻く。
本に対する愛、子どもや親に対する現状の危惧など著者の想い
が伝わり、ただの書評としてだけではなく新しい世界を拡げるための
指針になりそうだ。

レビュー投稿日
2010年11月4日
読了日
2010年11月4日
本棚登録日
2010年11月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『こころの傷を読み解くための800冊の本 ...』のレビューをもっとみる

『こころの傷を読み解くための800冊の本 総解説』にam0rmさんがつけたタグ

ツイートする