二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)

3.73
  • (40)
  • (69)
  • (60)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 454
レビュー : 70
著者 :
amailinrainさん 文学   読み終わった 

「春は青いバスにのって」青春小説みたいなタイトルなのだが、中身は暴行のために拘留所に入れられるという内容。そのギャップがいい。いつもどここらか追い出されている。職場を追い出され、住みかを追い出され。いや、追い出されるというのは正しくない。なぜなら追い出されようとすると、《彼》は逆上して暴言を吐きまくってこっちから出ていってやると息巻いて出てくからである。リズムがいいのだろう。どの短編も読みやすい。

レビュー投稿日
2018年11月26日
読了日
2018年11月26日
本棚登録日
2018年10月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)』にamailinrainさんがつけたタグ

ツイートする