光の庭

3.58
  • (6)
  • (23)
  • (20)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 146
レビュー : 22
著者 :
ゆりさん 小説   読み終わった 

ミステリーとして楽しんでいたら、次々に明かされる5人の輝かしい日々と今との対比が次第に重みを持ち、虚しさに心が浸された。残された4人の抱く想いを目にするうちに、相手が生きてる間にどれだけ心を尽くして接したとしても、悔いのない境地にはどうやってもなれないのかもしれないと思った。後ろめたさのない人間関係なんてあるんだろうか。単に悲しくて救いようのない話というわけではなく、三千花の抱えた孤独とその顛末は地方に住む女子にとって他人事ではなかった。ぞっとするほど簡単に一歩でも間違えば自分もなり得た姿だった。

レビュー投稿日
2016年11月10日
読了日
2016年4月11日
本棚登録日
2016年11月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『光の庭』のレビューをもっとみる

『光の庭』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする