キミのお金はどこに消えるのか

3.71
  • (8)
  • (38)
  • (20)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 292
レビュー : 17
著者 :
amano225さん 図書館から借りた   読み終わった 

『中国嫁日記』の作者による、お金と経済の話。
作者がアル・シャードという経済に詳しい人(専門家というわけではないらしい)から講義を受け、それを読めの月(ゆえ)さんに話したやりとりを漫画にしたという内容。(漫画の内容は明治大学在籍の経済学者の飯田先生に監修してもらっているので、大きな間違いはないと思われる)。月さんが予想外の質問をしてくることもあるので、作者も勉強したらしい。こういうのもアウトプットなんだろうなと思った
それなりに経済の本はちょこちょこ読んでちょっとは分かっているつもりだったけど、この本は結構、初めて聞くような話が多く、とてもためになったし面白かった。
それにしても、この本を読んでいるとマルクスって実は別に大したこと言ってないんじゃないのかと思った。予想でいろいろ書きすぎだろと。そういう意味では、データを分析して発表したピケティはやっぱりすごいんだろうなと思う。
後、消費税増税について。自分はなんとなく、10%への増税はしかたないのかなと思っていたけど、この本を読むと日本経済のことを考えてもやめたほうがいいんじゃないかと思った。消費税には消費を抑える役割もあるから、消費税増税はデフレの懸念があるらしい。少なくとも、デフレで問題になっているときにはやっちゃいけないそう。そういや、日本に消費税が導入されてからが失われた〇〇年っていわれてるしね。もう、いっそのこと下げた方がいいんじゃないのかとこの本を読んで思った。
選挙についても書かれており、短期的にはいかないほうが得かもしれないけど、あまり長期的に同じ政権が権力を持ち続けているのは問題なので、選挙にはいったほうがいいとのこと。そもそも、選挙権があるってだけでものすごい得なんだとか。自分の1票なんかで世界は変わらないと思うかもしれないけど、やっぱり大事なんだろうなと思った。

レビュー投稿日
2019年3月3日
読了日
2019年3月2日
本棚登録日
2019年3月3日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『キミのお金はどこに消えるのか』のレビューをもっとみる

『キミのお金はどこに消えるのか』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『キミのお金はどこに消えるのか』にamano225さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする