月給たった5万円! でも、選びました 空回りの20代から、30代でクックパッドの役員になれたわけ

著者 :
  • 講談社 (2013年12月6日発売)
2.71
  • (0)
  • (2)
  • (10)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 63
感想 : 11

書名からいかにクックパッドがやりがいのある会社ということを書いてある本かと思ったけど、ちょっと違った。著者の人生、特にクックパッドの経験についてを書いた本だった。
1章と2章はほとんど同じことを書いてあるような気がした。2章のほうが少し詳しかったような気もするけど、レシピコンテストやまかない制度や名刺についての話はもうちょっと掘り下げることもできたと思うのだけど。まあ、クックパッドの本というわけじゃないみたいだから仕方ないか。
何気に最初の結婚に驚いた。兵庫県の大学に行って神戸で就職して1年以内に辞めて金沢の実家に戻って仕事もしたのに、大学時代から付き合っていた人と結婚して東京で専業主婦をすることになったんだとか。よく縁が切れなかったなぁ。
後、異業種交流会で得られたものは何気ない会話ができる能力だけ、と後ろのほうで書かれてあるけど、前のほうで異業種交流会で森下満成さんという優秀な人と巡りあったと書いてあるんだけどなぁ。どうなんだこの書き方は・・・。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 図書館から借りた
感想投稿日 : 2014年8月11日
読了日 : 2014年8月11日
本棚登録日 : 2014年8月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする