ジョン・ハンケ 世界をめぐる冒険 グーグルアースからイングレス、そしてポケモンGOへ

3.69
  • (3)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 52
レビュー : 10
amano225さん 図書館から借りた   読み終わった 

ナイアンテックCEOのジョン・ハンケの本。アメリカで発売した本の日本語訳だろうなと思ったけど、よくよく見てみたら訳者の名前がどこにもないうという。どうやら飯田和敏という人と1年以上にわたる対話からうまれた本らしい。こういう場合、訳者は表紙に書かないのか(中を見ても誰が訳したのかは分からなかった)。
内容は、ジョン・ハンケがコンピュータとであってからポケモンGoをだすまでの話。例にもれず(?)、高校時代にはゲーム制作といったプログラミングに熱中し、マッチングソフトも開発したらしい。フェイスブックかよと思ったら、やっぱりその後、「しつこくつづけていたら、マーク・ザッカーバーグよりも早くFacebookのようなソーシャルネットワークサービスを作るようになったのかもしれません」と書いてあった。まあ、ポケモンGoはともかくIngressはちょっとしたSNSっぽい感じもうけるけど(いや、やったことはないのだけど)。
イングレスは巨大なフィールドづくりをはじめ、田舎のほうがむいているという面もあるらしい。ポケモンGoは田舎のほうが不利という意見をよく見るけど、こういう点はもっと改善してほしいところ。田舎格差のあるポケモンGoについては何か考えてたりしないのだろうか。

レビュー投稿日
2018年2月12日
読了日
2018年2月12日
本棚登録日
2018年2月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ジョン・ハンケ 世界をめぐる冒険 グーグ...』のレビューをもっとみる

『ジョン・ハンケ 世界をめぐる冒険 グーグルアースからイングレス、そしてポケモンGOへ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ジョン・ハンケ 世界をめぐる冒険 グーグルアースからイングレス、そしてポケモンGOへ』にamano225さんがつけたタグ

ツイートする