AIで私の仕事はなくなりますか? (講談社+α新書)

3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
著者 :
amano225さん 図書館から借りた   読み終わった 

田原総一朗によるインタビュー形式の本。最先端で研究している人や大学の准教授や官僚や銀行の副社長といろいろな人の意見が聞けて面白かった。
田原総一朗自身は人工知能についてよく分かってない状態でいろいろな人に人工知能について聞きに行ったそうなのだけど、さすがジャーナリストだけあってそこまで頓珍漢な質問はしていないように思えた(短気な人なら怒りそうだなと思うものも多かったけど)。
ディープラーニングの計算には時間がかかるから、グーグルでは100万台以上のコンピュータがあるという内容で衝撃。さすがにけた違いだなぁ。
それにしても、介護を改善したら要介護度が下がり報酬が低くなるから、介護施設は介護度の改善を歓迎しないってすっごい本末転倒な気がしてならないのだけど、本当にそうなのか? 自分で自分の首をしめているようにしか思えない。

レビュー投稿日
2018年10月8日
読了日
2018年10月8日
本棚登録日
2018年10月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『AIで私の仕事はなくなりますか? (講談...』のレビューをもっとみる

『AIで私の仕事はなくなりますか? (講談社+α新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『AIで私の仕事はなくなりますか? (講談社+α新書)』にamano225さんがつけたタグ

ツイートする