おもかげ (講談社文庫)

3.71
  • (35)
  • (49)
  • (43)
  • (14)
  • (2)
本棚登録 : 730
レビュー : 50
著者 :
amano225さん もらいもの   読み終わった 

生死をさまよう主人公と、主人公の周りの人物の視点で書かれた小説。
主人公以外の視点は現実的な話なのだけど、主人公視点の話は、生霊(?)になって街を彷徨うファンタジー。そういう話だと知らなくて読んだからちょっとビックリした。
いい話だったとは思うけど、想像力のない自分には小説のファンタジーというのはどうにもイメージがつきづらい部分が多かった。いきなり場所や時代が変わることもあるし。
一番よく分からなかったのは、初恋の女性の話。体が若返って再会するという話があったけど、この流れ必要かと思った。昔の思い出として語るだけならともかく。
基本的に、各人物の視点の話は、三人称一視点で書かれてあったのだけど、なぜか娘婿の視点の話は一人称で書かれてあったように思う。なので、娘婿の視点の話だけ他と雰囲気が違うように思ったのだけど、何か意図したことなのだろうか。

レビュー投稿日
2021年1月23日
読了日
2021年1月23日
本棚登録日
2021年1月23日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『おもかげ (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『おもかげ (講談社文庫)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

『おもかげ (講談社文庫)』にamano225さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする