「コミュ障」だった僕が学んだ話し方 (集英社新書)

3.56
  • (3)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :52
  • レビュー :5
著者 :
amano225さん 図書館から借りた   読み終わった 

アナウンサーによる話し方講座。
アナウンサーによる自称コミュ障ってどうにも嘘くさく感じることが多いのだけど、この方は確かにコミュ障っぽいと思った。いろいろ話し方について書いてあったけど、多分、この方は実践できてないんじゃないかなぁ。「先輩の話し方が……」みたいな話題ばっかりだったし。
にしても、お堅い人ばかりがいる場所で笑いをとろうと喋って全く笑いが怒らなかったって本当、辛いだろうなと思う。父も似たような経験あるらしいけど、「変な人」と思われてるんじゃないかと思いそう。
後、「なーるですね」が口癖の人の話でちょっと笑った。どんな人か分からないけど、マンガのキャラにできそう。
ところで、みのもんたが不倫していたって普通に書いちゃってるのだけどいいのだろうか。まあ、昔の話だからいいか。そんなに驚くようなことでもないし。

レビュー投稿日
2018年5月12日
読了日
2018年5月12日
本棚登録日
2018年5月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「コミュ障」だった僕が学んだ話し方 (集...』のレビューをもっとみる

『「コミュ障」だった僕が学んだ話し方 (集英社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『「コミュ障」だった僕が学んだ話し方 (集英社新書)』にamano225さんがつけたタグ

ツイートする