プログラミング思考のレッスン 「私」を有能な演算装置にする (集英社新書)

2.83
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 5
著者 :
amano225さん 図書館から借りた   読み終わった 

自分自身も演算装置と考えて思考すること(プログラミング思考)について書いた本。
プログラミング思考とは、文部科学省のいうプログラミング的思考とは違うらしい。どう違うのかはいまいちわからなかったけど、自分自身のとらえ方に違いがあるるかなと思った。
この本自体は、プログラミングをやったことがない初心者向けに書いてあるそうだけど、上記のような考え方で書かれてあることからも分かるように、頭の言い文系の人が書いた、ある種、哲学っぽい考えの本で、正直難しかった。
本題とは関係ないけど、最近の看護師はナースキャップをかぶらない理由を初めて知った。洗う頻度が多くないから、感染症の恐れがあるらしい。昔はナースドラマといえばナースキャップをかぶってるものだったし、それがある種のステータスをあらわしているものだったけど、最近のナースドラマではかぶってないので何でだろうと思っていた。

レビュー投稿日
2019年8月7日
読了日
2019年8月6日
本棚登録日
2019年8月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『プログラミング思考のレッスン 「私」を有...』のレビューをもっとみる

『プログラミング思考のレッスン 「私」を有能な演算装置にする (集英社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『プログラミング思考のレッスン 「私」を有能な演算装置にする (集英社新書)』にamano225さんがつけたタグ

ツイートする