エンジニアが知っておきたい思考の整理術 複雑な情報を【理解する】【伝える】テクニック

著者 :
  • インプレス (2023年12月19日発売)
4.25
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 67
感想 : 4

主に、ITエンジニアを対象とした、思考法は資料の書き方について解説した本。
このへんのテクニックはエンジニアに限った話ではないだろうけど、これができると仕事しやすくなるだろうなと思った。
自分もよく上司に、資料や文章が分かりづらいといわれるので、こういうテクニックを身につけていきたい。

Excelで設計書を書くことも多いけど、著者によるとExcelよりPowerPointのほうがいいとのこと(もっというと、Visioのほうがいい)。
PowerPointは、領域が狭いので説明資料を作るのに難しい印象なのだけど、そのほうがゴチャゴチャしないでいいのかも。

いろいろ、フレームワークになる考え方についてもいろいろ書かれてあって、意識できるようにしたいと思った。
CS(カテゴリー&サマリー)とかGPS(グループ/パラレル/シリーズ)とか、すごくいいとは思うけど、慣れないうちは難しそうだなと。
でも、まずは少しでも使っていくというのがいいのだろうと思う。意識して使っていくようにしたい。

文章では、カテゴリーの省略がされやすいという話には、なるほどと思った。そういう意味で、カテゴリーをつけるのは分かりやすくなるし、重要なのだろうなと思った。

PREPパターンは聞いたことあったけど、FABEパターンは初めて知った。商品をうるさいのプレゼンとして使えるらしい。こういうフレームワークを意識して資料を作れるようになると、分かりやすくていい資料になるのだろうと思う。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 中古を購入
感想投稿日 : 2024年2月16日
読了日 : 2024年2月16日
本棚登録日 : 2024年2月16日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする