なぜうまくいく人は「ひとり言」が多いのか?

著者 :
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2024年3月1日発売)
3.67
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 141
感想 : 6

自分と、去年入社した部下が独り言が多いので読んでみた。

『はじめに』に、「ADHDの人の場合も、興味がさまざまに拡散して、とりとめなくつぶやく傾向にあります」とあって、やっぱりそうなのかと思った(昨年、ADHDと診断を受けたので)。

周りも気が散るだろうし、できるだけ独り言しないようにしようとと思っているのだけど、この本によると決して独り言が悪いわけではないのだとか。
独り言をいうことで、脳を活性化することもあるのだとか(ただし、ネガティブな独り言はだめとのこと)

スティーヴン・ホーキング博士の「静かな人ほど、心の中ではうるさいくらいの考えを持っている」という言葉は初めて知ったけど、自分にもあてはまる言葉かもしれないと思った。言語化はうまくできないけど、常に何か考えてしまうような感じ。まあ、情熱があるというのとは違うから、この本で伝えたいこととは違うかもしれないけど。

いろいろ独り言についてメリットがあることは分かったけど、一人でいるときはともかく、周りにいる人はできるだけ控えたほうがいいような気はした。
散歩中に独り言をいうのがいいとのことだけど、やるにしても周りに変な人と思われない程度にしたい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 中古を購入
感想投稿日 : 2024年6月9日
読了日 : 2024年6月9日
本棚登録日 : 2024年6月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする