フラグメント化する世界 ーGAFAの先へー

4.00
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 6
amano225さん 中古を購入   読み終わった 

これからはグローバルに共通したビジネスモデルではなく、ミクロに対応していく(フラグメント化)必要があるというようなことを書いてある本。
だと思うのだけど、どうにもピンとこず、実はよく分からない部分が多かった。分かるようで分からない感じ。経営学の教科書でも読んでいるような感じだった。
とにかく、日本企業はフラグメント化する社会において有利な立場にあるそう。はたして本書のように、日本の総合電機メーカーは復活するのだろうか。
太陽光発電の発電コストは化石燃料ベースでの発電コストより割安になっているらしい。環境だけでなく、コストも太陽光発電のほうがいいなら、そっちに変えていったほうがいいんだろうなと思った。いつかは枯渇する化石燃料と違って、太陽光発電は枯渇しないだろうし(少なくとも、自分が生きている間は)。
主要四輪車メーカーの四輪事業依存度の表はなかなか興味深かった。ほとんどの企業が100%か100%に近い割合なのにたいし、ホンダは65%しかないらしい。だから今後、四輪自動車産業が衰退することがあっても、ホンダはある程度生き残れる可能性が高いのだとか。
まあ、ようは選択と集中はリスクになりうるということかな。よく聞くことではあるけど、それでうまくいっている企業としては方針転換は確かに難しいのかもしれない。

レビュー投稿日
2021年1月10日
読了日
2021年1月10日
本棚登録日
2021年1月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『フラグメント化する世界 ーGAFAの先へ...』のレビューをもっとみる

『フラグメント化する世界 ーGAFAの先へー』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『フラグメント化する世界 ーGAFAの先へー』にamano225さんがつけたタグ

ツイートする