問題解決力とコーディング力を鍛える 英語のいろは

3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
著者 :
amano225さん 図書館から借りた   読み終わった 

アプリ開発者による、英語についての本。
多分、中学生レベルの英語は分かってる前提で書かれている気がして、自分には難しかった。
ときどき、コラムなどに英文が書いてあって、そのまま話がすすむ箇所もあったのだけど、その英語の意味が分からないという……。
しかも、どことなく書き方が哲学的のように感じる部分もあって、日本語で書かれている部分もちょっとわかりづらかった印象。なんだL1のパラダイムがL2の邪魔をするって。
英語については、自動詞とか他動詞とかいう言葉があちこちに書いてあって、そういえばそういうものがあったなと懐かしかった。ただ、どうにも意味を覚えられそうにない。他動詞は前置詞がつかず、自動詞は前置詞がつくというイメージなのだけど、多分それだけではなさそう(自動詞にも他動詞にもある単語もあるそうだし)。
開発現場でよく使う英単語の読みについていろいろ書かれてあったけど、そうやって読むのかといろいろ知れた。altは「アルト」じゃなく「オールト」だとか、paginationは「ページネイション」ではなく「パジネイション」だとか(でも、pageだけだと「ページ」だそう。ややこしい)。
それと、MySQLは、最近は「マイスクル」と呼ばれるとか。いきなり「マイスクル」といわれても、分からない自信がある。
最後のほうには、プログラミングにおける英語変数やメソッドなどの命名のしかたについても書かれてあって、本当ややこしいなと思った。フラグ変数ってだいたい、isから始めるようにしてるけど、そんな単純なものでもないのだろうなと思った。多分、自分が書いてる変数名や関数名を英語が得意な人が見たら違和感を感じる箇所も多いのだろうと思う(名詞の連続どころか、動詞を連続させちゃってることもあるし)。
ちなみに、プログラミングのサンプルとして書かれてある言語は、Ruby。日本人が開発した言語だというのに、英語としてなりたってる書き方にできるということなのだろうか。まともとゆきひろさんってやっぱり、英語得意なのかな。

レビュー投稿日
2019年5月25日
読了日
2019年5月25日
本棚登録日
2019年5月25日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『問題解決力とコーディング力を鍛える 英語...』のレビューをもっとみる

『問題解決力とコーディング力を鍛える 英語のいろは』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『問題解決力とコーディング力を鍛える 英語のいろは』にamano225さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする