Webアプリケーションアクセシビリティ──今日から始める現場からの改善 (WEB+DB PRESS plus)

  • 技術評論社 (2023年2月27日発売)
4.57
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 105
感想 : 3

Webアクセシビリティについて、500ページ超に渡って解説した本。
障害のあるないに関わらず、使いやすいWebサイトを普及させていきたいという著者の強い意志が感じられた。
自分は、アクセシビリティについては全然考えて作られていないけど、もう少しこのへんも意識していきたいと思う。

社会モデルという「障害は社会の側にある」という考えがなるほどなと思った。障害があっても、取り残されない社会にはしていきたいよね。

諸外国では、法律でWebアクセシビリティへの対応を義務付けている地域が多数あるとあったのだけど、結構な国があげられていて、むしろ法律に無いのは日本ぐらいじゃないかと思った。
アメリカでは実際、アクセシブルじゃないサイトをユーザーが訴訟して、ユーザーが勝訴した事例もあるそうだけど、どんな判決になったのだろう。

axeというアクセシビリティチェックツールというものがあるのを初めて知った。Chromeの拡張機能なのかな? ちょっと調べてみたいと思った。
ESLintでの自動チェックも、適応を考えてみたいと思った。

autocomplete属性にいれれる値は、一通り目を通しておくのはありかもしれないと思った。今後、フォーム部品を作成する場合は、気にしていきたい。

エラーの修正候補を提案するという話の中で、「ユーザーのスペルミスを疑い、類似したスペルの都市の候補を推薦するとよいでしょう」と書かれてあったけど、ここについてはもう少し具体例がほしかった。どう実装したらいいのかよく分からなかったのだけど、いいやり方があるのかな?

APG<https://www.w3.org/WAI/ARIA/apg/>というカスタムコンポーネントを実装する方法が解説されているサイトは、すごいよさそう。英語のサイトだけど、日本語訳しているサイトとかないのだろうか。

ちょっとよく分からなかったのが、コントラスト比。文字色と背景色のコントラスト比を4.5:1以上にするのがいいとのことだけど、いまいちどうやったら調べることができるのか分からなかった。

画像の代替テキストについて、画像をコピペした時にテキストとしてコピーされるというのは知らなかった。そういえば、文字列だけコピーしたつもりが、ページに記載のない文字までコピーされる時があるけど、そういうことだったのか。

アニメーションについて、場合によってはユーザーの健康を害する恐れがあると書いてあって、そんな人がいるのかと驚いた。自分も無駄なアニメーションに対して鬱陶しいと感じることはあるけど、頭痛やめまいや吐き気をもよおす人もいるらしい。使いどころには気をつけないといけないのだろうなと思った。

ランドマークロールとHTMLタグの名称は結構違うのだなと驚いた。「footer」は「role="contentinfo"」だとか。まあ、タグをうまく使いこなせればそんなに気にしなくてよさそうではあるけど。

summary要素とdetails要素を使った、ディスクロージャーの実装はかなりよさそうだと思った。ページ検索でヒットすると、自動で開いたりしてくれるらしい。UIライブラリ使うより、この2つの要素をうまく使いこなしたほうがいいように思った。

マウスキーという、キーボードでマウスを操作する方法があると初めて知った。真っすぐな線を引けそうでいいような気もするのだけど、そういうものでもないのかな。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 中古を購入
感想投稿日 : 2024年1月28日
読了日 : 2024年1月28日
本棚登録日 : 2024年1月28日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする