胸懐

3.96
  • (76)
  • (34)
  • (82)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 314
レビュー : 56
著者 :
amano225さん 中古を購入   読み終わった 

2003年に発売された、GLAYのリーダーTAKUROによる自伝本。
本当、この人は詩人だなと思った。読みやすいし、文章もキレイだと思った。
それを自分は天才だと思ってたけど、この本によるとTAKUROは天才タイプではないという。たくさん曲を作った結果だとのこと。それはもう本当、すごい努力をしてきたのだろうなと思う。手塚治虫は努力の天才といわれるけど、TAKUROもそんな感じだったんだろうな。
とにかく、GLAYファンの一人としてはこの本は非常に面白かった。この本を書いた後だと、私生活ではTAKUROは結婚して子どもも生まれ、GLAYの活動としては個人事務所を立ち上げてTAKURO以外のメンバーの曲もシングル曲としてだすようになり、TAKUROが作った曲としては、『SAY YOUR DREAM』『Bible』『君にあえたら』『元号』なんて曲があるので、その後の第二弾も読んでみたいなと思った。
子どものころは夜泣きがひどかったらしい。三歳のころから何年間も(小学3年生まで?)って、親が育児ノイローゼにならなくてよかったなと思う。
それにしても、TERUの話が面白い。バンドに誘ったら特に迷うこともなく「いいよ」って、こういうところは変わらないんだなと思う。まあ、ボーカルになるというのは最初、躊躇していたようだけど(今じゃ普通に「いい声」って自画自賛してるけど)。
なお、GLAYは一人でもかけたら解散するとのこと。逆に言うと、一人でもかけなかったら解散しないということだと思うので、コロナ禍が収まって、またライブにいける日を楽しみにしたいと思う。

レビュー投稿日
2021年1月11日
読了日
2021年1月11日
本棚登録日
2021年1月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『胸懐』のレビューをもっとみる

『胸懐』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『胸懐』にamano225さんがつけたタグ

ツイートする