専門医が教える 新型コロナ・感染症の本当の話 (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎 (2021年3月3日発売)
3.81
  • (13)
  • (21)
  • (18)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 238
感想 : 25

Yahoo!ニュースでよく拝見する忽那賢志先生の本。
2021年3月発売の本ということもあって、新型コロナウイルスを学ぶことを考えると少し古いかなとも思ったけど、新型コロナウイルス以外の感染症についても書いてあってためになった。

新型コロナウイルスの感染力は麻疹よりかなり低いと書いてあって驚いた。新型コロナウイルスって周りをみていても結構高いイメージだったのだけど、麻疹のほうが高いのか。感染力高いイメージがあったけど、特別高いわけではないらしい(今の変異株がどうかは分からないけど)。

2019年3月のスペインの排水に新型コロナウイルスが存在したと書いてあったけど、これって何かの間違いということはないのだろうか。仮にそうだとして、武漢で広まったという説明がつくのかどうかがよく分からなかった。武漢で感染力が高い変異をしたということなんだろうか?

抗菌薬の副作用は怖いなと思った。薬剤耐性という現象によって、常在菌に変化が起こって、逆に悪さをしてしまうこともあるのだとか。薬剤耐性菌によって年間8000人以上が亡くなっているらしい。安易に抗菌薬は使わないほうがいいのだろうなぁ。

インフルエンザの薬についても、少し症状持続期間が短くなるだけなのに、副作用でひどい嘔吐や下痢になることもあるから、積極的にとらないほうがいいとのこと。
自分はちょっと風邪っぽくなったら薬に頼ろうとするけど、体のためには自然治癒で治すのが一番いいのかもしれない。

自分には今のところ縁がないのだけど、梅毒って感染率は3割と高いうえに、免疫ができないと書いてあって、大変だなと思った。不特定多数と性行為を行う風俗嬢とか、やっぱりよく感染するんだろうか。

男性同士の性行為でHIVが感染しやすいのは、アナルセックスだと出血しやすいからとのこと。そういう理由だったのか。

新型コロナについては、子どもは感染しにくく、感染させにくいと書いてあったけど、オミクロン株ではそうともいえないと聞いたことある。こういうところ、事情がちょっと変わってきてるんだろうなと思う。

本当、新型コロナウイルスは、状況が見えないところも多くて、専門家のかたでも大変だろうなと。最初に流行り始めた時は、「症状が無い人はマスクをしなくていい」なんて言われてたしね(この本では「症状がない人でもマスクをしたほうがいい」と書いてある)。
今年の春に5類に変わるそうだけど、いったいどうなることやら…。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 中古を購入
感想投稿日 : 2023年1月22日
読了日 : 2023年1月22日
本棚登録日 : 2023年1月22日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする