ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル

3.42
  • (1)
  • (10)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 127
レビュー : 14
amano225さん 図書館から借りた   読み終わった 

3章からなりたっていて、ITスキルっぽい話は1章のみ。2章目はマーケティングの話で、3章目はリーダーシップについての話。
ITスキルといっても、エクセルの使い方みたいなものではなく、アルゴリズムの話が多かった印象。自分ももっと勉強しなければ。
なお、パーク24によると、コインパーキングの平均稼働率は47~48%ぐらいがいいとのこと。そうすると、ドライバーが駐めたいと思うときにいつも空きスペースがあるような状態になるのだとか。もうちょっと高くてよさそうだけど、そういうもんなのか。それより今、「駐めたい」と入力しようと「とめたい」で変換しようと思ったらでてこなかった。調べてみると、「駐める」と書いて「とめる」と読むのは当て字らしい。知らなかった(この本には「駐めたい」と書いてある)。
それと、LINEがメッセージ送信にお金をとるようになったら、それは独禁法で禁止されているらしい。でも、そうしたらLINE以外に人が流れるだけなような気もするんだけどなぁ。そういうのでも、独禁法違反になるのか。
後、今回初めて知ったけど、高給の古参幹部の意見のことを「HiPPO」というらしい。そんなものにそんな言葉がついているのかと驚いたので、ちょっと覚えておきたい。

レビュー投稿日
2018年8月4日
読了日
2018年8月4日
本棚登録日
2018年8月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ビジネススクールで教えている武器としての...』のレビューをもっとみる

『ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル』にamano225さんがつけたタグ

ツイートする