新書874「ネコ型」人間の時代 (平凡社新書)

3.42
  • (0)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 8
著者 :
amano225さん 図書館から借りた   読み終わった 

指示待ち人間ではなく、自発的に動ける人を育てようという趣旨の本(「なろう」ではないと思う)。
それにしても、日本人はボランティアをやりたがらない人が多いらしい。何か自分にたいしてメリットを感じられないとやらない人が多いのだとか(大学生の場合、単位がもらえる)。自分の場合、行動力がないからできないと思ってたけど、全体的にやりたいと思う人がそもそも少ないのか。
それにしても、少年院ってこの本を読んだだけではかなり閉鎖的な印象をうけた。私語禁止らしい。アメリカの少年院では、少年たちが捨てられた犬の世話をして飼い主を見つけるとりくみをしていているところがあるらしく、この取り組みをしているところは再犯者は一人もいないらしい。動物とのふれあいって大事なんだなぁ。自分はペットって飼ったことないからよく分からないのだけど(正直、飼いたいとも思わない)。
本書の中には、高校生の勉強の態度を日本・米国・中国・韓国で比較したグラフが載っていたのだけれども、日本と他の国が結構違っていて驚いた。本当、日本だけが受け身なんだなという印象。

レビュー投稿日
2018年9月29日
読了日
2018年9月28日
本棚登録日
2018年9月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新書874「ネコ型」人間の時代 (平凡社...』のレビューをもっとみる

『新書874「ネコ型」人間の時代 (平凡社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『新書874「ネコ型」人間の時代 (平凡社新書)』にamano225さんがつけたタグ

ツイートする