バカだけど日本のこと考えてみました (ベスト新書)

4.14
  • (4)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 8
著者 :
amano225さん 中古を購入   読み終わった 

まさに愛国者と呼ぶのにふさわしい方だと思った。愛国という言葉に悪い印象をうけるのは確かだけど、ただたんに自分の住む国を愛することという意味だからね。
何をもって中立というかは難しいけど、中立に物事を考えているのだろうなと思った。
この本にも書かれてある通り、「安保法案の反対ばかりが目立つけど、賛成意見も聞いてみたい」というようなことをTwitterにあげて炎上したことあったけど、ようは少数派の意見にも耳を傾けようということだしね。それだけで叩くのはおかしいだろうと当時も思った。
スクランブル発進の話は初めて知った。いろいろ調べたうえで発言しているのがよく分かる。日々、日本の領海にたいして脅かされていると知って驚いた。
後、高槻市での小学校時代の話にもビックリした。国旗掲揚、国歌斉唱廃止、だけど朝鮮については深く学んで交流を深めるという教育方針だったらしい。後、私立への進学は許されなかったのだとか(高槻方式というらしい)。何で高槻ではそういう思想に染まったんだろう。正直、自分も「君が代」ってそんなに好きじゃないけど、それは暗い印象があるからで、別に「君が代」が戦争と結びついたりなんかしないけど…。
後、「機会の平等」というのは必要だけど、「結果の平等」は必要ないという意見はまさにそのとおりだと思った。
他にも全体的にいいこと書いてあるなと思ったけど、「まずお父さんお母さんを尊敬してください」というのは、どうだろうなと思った。少なくとも、虐待されてる子にはそうはいえないだろうと思うし。まあ、その後に子どもの尊敬される親であるように、ということも書かれてあったから、そういう前提があってのことかもしれないけど。
なお、消費税増税は反対とのこと。自分も消費税増税は反対なのだけど、これは賛成意見も聞いたうえでの反対なのかは気になった。

レビュー投稿日
2021年4月11日
読了日
2021年4月11日
本棚登録日
2021年4月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『バカだけど日本のこと考えてみました (ベ...』のレビューをもっとみる

『バカだけど日本のこと考えてみました (ベスト新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『バカだけど日本のこと考えてみました (ベスト新書)』にamano225さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする