手帳なんていらない ソーシャルネットワーク時代の情報整理術

2.44
  • (0)
  • (8)
  • (16)
  • (19)
  • (9)
本棚登録 : 195
レビュー : 25
著者 :
amano225さん 中古を購入   読み終わった 

だいぶ前に中古で購入して積読してしまっていた本。
2010年と10年前ということもあり、今となっては古い記述もあるだろうなと思って読んでみたら、そこまで古さは感じられなかった。むしろ、今でも役に立つことや今となっては当たり前になってることも多いと思う(今時、印刷した地図をもってでかけずに、スマホの地図アプリで目的地を探すなんて普通だろうし)。
しいていうなら、パソコンのブラウザの例でFirefoxとIEとしか書かれてなかったことかな。今はブラウザシェアのトップはChromeだし、ここでChromeがでてこないのは今では不自然かもしれない(ちなみに、Chromeがリリースしたのは2008年なので、この本がでたときにもすでに誕生してはいた)。
後は、対談相手の田口元が百式の運営者と紹介されてるところとかちょっとした懐かしさを感じた。百式はすでに閉鎖しているし、田口元は今となってはむしろドットインストールの人としてのほうが有名。
取引先との資料のやりとりは、メールの添付ファイルではなく、Googleドキュメントでファイルを共有というのは、それもいいかもなと思った。添付ファイルは面倒だしね。特に、zipで暗号化して送った後に、パスワードを送るなんて文化はいいかげん廃れてほしいと思う。
YouTubeの動画で学習という話なんかは、本当、今でも参考になるだろうなと思う。動画で見た方が分かりやすいことってあるしね(ドットインストールもそうだけど)。
そういえば、Ustreamの話もあったけど、あのサービスって今どうなったんだっけと思ったら無くなってた(正確にいうとIBMに買収されて、サービス名も変更になってるらしい)。ある意味、この本で一番古いと思ったのがUstreamの話かもしれない。
ちょっと気になったのが、Twitterについて、「2ちゃんねるやmixiなどの匿名性が高いSNSに比べて信頼性の高い関係性を築くことができるツール」と書かれていたこと。自分は使ったことないけど、mixiってそんな匿名性の低いツールだったのか? むしろ、Twitterより本名でやってる人が多いイメージだった。

レビュー投稿日
2020年5月9日
読了日
2020年5月9日
本棚登録日
2020年5月9日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『手帳なんていらない ソーシャルネットワー...』のレビューをもっとみる

『手帳なんていらない ソーシャルネットワーク時代の情報整理術』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『手帳なんていらない ソーシャルネットワーク時代の情報整理術』にamano225さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする