数学大百科事典 仕事で使う公式・定理・ルール127

3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 120
レビュー : 8
著者 :
amano225さん 電子書籍を読んだ   読み終わった 

期間限定で無料公開されてるので読んでみた。
大学受験生や社会で必要となる数学についてまとめた本。
そういやこういうこと習ったなと思うことが多くて懐かしいと同時に、少し教科書的な部分も多くて退屈なページも多かった。
数値解析についてはちゃんと習った覚えがないけど、アルゴリズムとしてコンピュータで使えるので、プログラマとしては気になった。やっぱり微分とか積分って、コンピュータで解くとすると、小さい値の差で求めるしかないのか。
そういえば、無限級数を使って循環小数を分数として表す方法を紹介してあったけど、そんなことしなくても循環小数の分数化だったら単純に循環している桁数分、左に桁移動して(10の桁数乗かけて)、その値からひいた数で考えると簡単に解けるのになと思った。
0.636363……だと、100倍して63.636363……なので、引くと63。元の値をxとすると、100x-xをしたことになるので、この値は99x=63となる。つまり、x=63/99=7/11。
行列については今の高校生は習わないし、高校数学の対象外とのことらしいけど、これは自分も残念だよなと思う。自分が高校の時に習った2×2の行列程度ならたいして難しくないのだし、これを理解していなきゃ大学で習う線形代数なんてわけがわからないのだから、高校で行列はやっても自分はいいと思う。ただ、ちょっと調べてみると、一応、今の高校では数学活用という科目があるらしく、そこで軽く行列を教えてるらしい。この数学活用というのは、大学受験の範囲ではないのだろうか? それがよく分からなかった。
ちなみに自分が高校生の時には、行列の代わりに、確か複素数というものを習わなかったように思う。2乗すると-1になるものをi(虚数)ということぐらいは習ったような気もするけど、複素数を高校で習った覚えがない(大学ではやったような気もするけど、単位落としたように思う)。
後、四元数というのは初めて聞いた。iのほかに、jやkという虚数を定義したもののようで、CGのエンジニアは使うこともあるらしい。何を言ってるのかよく分からなかったけど、そんなわけの分からない値を定義することで実用的に使えることもあるのだなと思った。
それと、ホーキング博士は「宇宙は虚数の時間から生まれた」という全く意味の分からない主張をしていたようで、自分は一生理解できないのだろうなと思った。虚数というぐらいだから実在しない数なのに、なぜ現実世界に関わってくるのかと。
とにかく、数学は学べば学ぶほど奥が深いことだし、まだまだ分かってないことも多いのだろうなと思った。

レビュー投稿日
2020年7月13日
読了日
2020年7月13日
本棚登録日
2020年7月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『数学大百科事典 仕事で使う公式・定理・ル...』のレビューをもっとみる

『数学大百科事典 仕事で使う公式・定理・ルール127』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『数学大百科事典 仕事で使う公式・定理・ルール127』にamano225さんがつけたタグ

ツイートする