学び効率が最大化するインプット大全

3.82
  • (37)
  • (58)
  • (32)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 1189
レビュー : 83
著者 :
amano225さん 図書館から借りた   読み終わった 

アウトプット大全のインプット版。
アウトプットのほうが大事だけど、アウトプットするためにはインプットが必要ということで、うまくインプットできるようになろうという本。
授業を50分受けても、内容を覚えてなければインプットとはいえないとのことだけど、つまり本を読んでも内容を覚えてなきゃほとんど意味がないのかもなと思った。一応、ブクログに記録しているとはいえ、自分も半年前に読んだ本の内容は覚えてないことが多いので、あまりインプットできてないのだろうなと思う。
一回のインプットで記録に残すにはアウトプット前提(この本ではAZと省略)でするのがいいらしい。そりゃそうだろうなと思えなくもないけど、それって純粋に楽しめない気がする。少なくとも、読書感想文を強制する読書は自分は嫌だったし。
そういえば、読書は散歩や音楽よりもリラックス効果が高いという研究があるらしい。その結果、ストレス解消効果があるとのことで、ストレスを感じているほど読書するのがいいのかなと思った(どこの研究か書いてなかったので、本当か分からないけど)。
後、セミナーでは必至にメモを取らないほうがいいらしい。案外、メモを多くとってる人のほうが頭に残っていないのだとか。そういや、自分も昔はセミナー聞いてても必至でメモをとってたなぁ。熱心に聞いてると思われて感想を聞かれたけど、うまく答えれなかったことがあるので、確かにメモばかり取らずに、もっと講師の顔を見て聴いたほうがよいのだろうなと思う(感想が言えなかったのが、自分が感想を伝えるのが苦手なだけだろうけど)。
それと、オーディオブックとかの耳からの読書(耳学)についての効果も書かれてあって、それなら満員の通勤電車の中や、ランニング中なんかもできていいのかもなと思った。特に、運動してると時は記憶力が増すらしく、ランニング中なんかは耳学するのがいいらしい。今度試してみたい。
他に、美術鑑賞についても書かれてあって、美術鑑賞をすると学力があがるそうなのだけど、自分は美術展はほとんど興味が持てない。去年、婚活で知り合った女性が美術展巡りが好きというのが一緒に付き合ったのだけど、全く面白いと思わなかった(でも、すごい行列はできてた)。この本によると、初心者は有名な画家や作品から入るのがいいとか、音声ガイドを借りるのがいいとか書かれてあって、そういえばそういうことはしてなかったなと思った。今度もし行くときは、有名な作品で音声ガイドを借りてみようと思う。
ちなみに、今のインプットの効果は10年後に実感できるらしい。これを10年前に知っていたら、就活の面接の時に、読書の効果を聞かれたら、「今すぐの効果は実感できていませんが、10年後には効果がでると思って本を読んでいます」とか言えたのになぁ。まあ、10年前の読書が今役だってる実感はないけど。

レビュー投稿日
2019年11月4日
読了日
2019年11月4日
本棚登録日
2019年11月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『学び効率が最大化するインプット大全』のレビューをもっとみる

『学び効率が最大化するインプット大全』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『学び効率が最大化するインプット大全』にamano225さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする