よくわかるHTML5+CSS3の教科書【第3版】

0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
著者 :
amano225さん 新品を購入   読み終わった 

タイトルどおり、HTML5とCSS3についての本。
よくあるHTMLとCSSの解説が別々に(前半がHTMLで後半がCSS)載っているのではなく、テーマごとにわけて同じ章でHTMLとCSSを解説しているので、どういうふうに使えばいいのか初心者でも分かりやすいと思った。
最近はHTMLやCSSの勉強をやっていなかったけど、大部分はすでに知っている内容だった。ただ、ところどころ音声読み上げを意識した制作方法についても書かれてあって、そういうのは今後、意識していったほうがいいんだろうなと思った(英語の大文字表記は、テキストを大文字で書くのではなく、CSSのtext-transformを使うなど)。
後、古くからある仕様のようだけど、tdタグとthタグの属性にheadersというものがあるというのは初めて知った。見出しとなっているid属性の値を半角スペース区切りで指定するらしい。この指定をすることで、音声ブラウザでもどの見出しか分かりやすくなるのだとか。
それと、tfoot要素の記述順がHTML5.2で変わったということも初めて知った。thead,tbody,tfootの要素じゃないとダメらしい(HTML4の時はthead,tfoot,tbodyの順。HTML5がでた時はどちらでもいいということだったはず)。まあ、そんなにtfootって使うことないけど(多分、今まで使ったことない)。
ちなみに、今回この本を買おうと思ったのは、フレキシブルボックスとグリッドレイアウトについて詳しく書かれている本がほしかったため。この二つについては、CSSの勉強がおろそかになってから普及したのであまりよく分かっていないため、気になっていた。この二つのレイアウト手法については1章分かけて解説してあったので分かりやすかったように思う。ただ、どうも詳細は省いてる感じがしたので、本格的に勉強したかったらネットで勉強する必要がありそう(flexプロパティは3つのプロパティを省略したものらしいのだけど、この本では難解だからと省略されていた。また、グリッドレイアウトについても紹介できなかったプロパティがまだまだあるという記述があった)。
ただ、この二つのレイアウト手法については、対応ブラウザについては明記してほしかった。今後しばらくは、最低でもIE11には対応しないといけない案件が多いとは思うけど、IE11には非対応の記述もあった。

レビュー投稿日
2019年1月5日
読了日
2019年1月5日
本棚登録日
2019年1月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『よくわかるHTML5+CSS3の教科書【...』のレビューをもっとみる

『よくわかるHTML5+CSS3の教科書【第3版】』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『よくわかるHTML5+CSS3の教科書【第3版】』にamano225さんがつけたタグ

ツイートする