マンガでわかる アンガーコントロールガイド

4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 5
著者 :
amano225さん 図書館から借りた   読み終わった 

怒りっぽい人に読んでほしい本。
自分はなんとかコントロールできてるほうだとは思うのだけど、それでも時にイラっとしたり、人によっては声をあらげてしまうこともあるので読んでみた。
この本にも書いてあるけど、怒ってもそんなにいいことってないよねとは思う。逆にストレスたまってないかと思うこともあるし(母親をみていると特に思う)。
その対処法の一つとして、アサーティブなメッセージを言うようにする、つまり自分がどう思っているかを伝えるようにするということを書いてあった。例えば、部屋が散らかしている子供にたいして「片づけなさい」ではなく、「あなたがもう少し片づけてくれるとお母さんはうれしいな」というようにするとのこと。確かに、この方が丁寧だけど、中には、「そんな遠回しにいわなくても、片づけてほしいならそう言え」と思う子もいそうな気がしなくもない。

レビュー投稿日
2019年3月23日
読了日
2019年3月23日
本棚登録日
2019年3月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マンガでわかる アンガーコントロールガイ...』のレビューをもっとみる

『マンガでわかる アンガーコントロールガイド』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『マンガでわかる アンガーコントロールガイド』にamano225さんがつけたタグ

ツイートする