ITエンジニアのためのデータベース再入門

著者 :
  • リックテレコム (2017年3月2日発売)
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 1

データベースを業務に使ってある程度分かってる人にたいしての、データベース本。といっても、書いてあることは難しくないので、SQLは分かったけど次のステップに進みたいという人にはいいかもしれないと思った。内部構造や実行計画の見方など、そういうところを知りたかったということが書かれてある。
データベース、というよりリレーショナルデータベースというのはただ表形式でデータをまとめたものというイメージがあるけど、そんな単純なものではないのだろうなというのがよく分かった。
なんでもSQLでやってしまおうというのは、自分がまさにそのタイプだな。昔、JOINはあまり使いたくないから何度もSQLを呼ぶタイプの人と対立したことあるけど、今思うともう少し耳を傾けてもよかったかなと思う(どっちもどっちかもしれないけど)。
テーブル同士の差を求めるMINUSという演算子があるけど、あれが有効なことってあるのだろうか。NOT EXISTSを使えばいいだけだし、そのほうが速いそうだし。MINUSなんてデータベースでの差分をとる例でしか見たことがないのだけど。
リレーショナルモデルにおける商については、初めて知った。有用といえば有用だけど、NOT EXISTSの中にNOT EXISTSがあってかなりややこしい。joinとgruop by使った方がシンプルな気もするのだけど、集計関数使う分、そっちのほうがコスト高いのだろうか。
CAP定理という言葉は初めて知った。「一貫性(Consistency)」「可用性(Availability)」「分断耐性(Partition)」の略だそうだけど、いまいち分からなかった。この本でも詳しくは書かれてなかったし、そこまで気にする必要もないのかな。
後、インデックステーブルというのがよく分からなかった。検索キーと最低限必要な列をもった、レコード長の小さなテーブルにすることでアクセス性能を高めるということだけど、具体例が書いておらず。ググっても普通のインデックスのことについて書かれたページしかヒットせず。データの二重持ちになるからあまり使わないほうがいいのだろうけど、ちょっと気になった。
いろいろ書いてあったけど、やっぱりSQLの基本は実行計画なんだろうなと思った。特に、更新が多いテーブルなんかは、実行計画も変わるだろうから注意したほうがいいのかもしれない。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 中古を購入
感想投稿日 : 2022年5月8日
読了日 : 2022年5月8日
本棚登録日 : 2022年5月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする