夢をかなえるゾウ0(ゼロ) ガネーシャと夢を食べるバク

著者 :
  • 文響社 (2022年5月19日発売)
4.00
  • (135)
  • (165)
  • (97)
  • (12)
  • (5)
本棚登録 : 2423
感想 : 159

いろいろ話題になっていて気になったので読んでみた。
今まで、主人公の夢をかなえてきた話だけど、今回は「夢が無い」主人公の話。夢を見つけるという話が今までと違って面白いと思った。ナンバリングを5ではなく、0としたのも分かる。
本文にも書いてあったけど、今までの主人公と比べるとかなり素直な主人公だなと思った。まさか最初からガネーシャを崇めるような人がでてくると思わなかった。

本書にでてくるバクが、感想を比喩で表すキャラなのだけど、よくそれだけいろいろな比喩表現が思いつくなと驚いた。こういうのって、思いついた時にネタ帳みたいにメモしてるのかな。多分、調べてでてくるものではないだろうし。

この本を読んで、夜に開催される競馬(ナイター)があるというのを初めて知った。昼のイメージだけど、夜にやることもあるのか。

後、シヴァ神が七福神の一人、大黒天と同じということも初めて知った。七福神って日本の神様だと思ったけど、そうじゃないのか。

それと、日本電産の永守会長は、早く弁当を食べ終えた学生から採用したという話も初めて知った。自分は食べるの遅いから無理だ(普通に面接やっても無理だろうけど)。

仕事をやめた後に一回は課長と会うのかと思った。あんな性格になってしまった経緯を知る話があるかと思ったけど、予想だけで終わり。あの後どうなったのだろうかと気になった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 中古を購入
感想投稿日 : 2022年11月13日
読了日 : 2022年11月13日
本棚登録日 : 2022年11月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする