システム運用アンチパターン ―エンジニアがDevOpsで解決する組織・自動化・コミュニケーション

  • オライリージャパン (2022年4月12日発売)
3.74
  • (6)
  • (4)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 199
感想 : 8

書名のとおり、システム運用についての改善策について書かれた本。
自分の場合、開発がメインだけど、その後の運用もやることが多いという事があって読んでみた
「アンチパターン」とあるけど、アンチパターン自体の話はあまりなかった印象。
具体的な技術の話は無し。あくまで運用するうえでどうすればいいかについて書かれてあった。

エンジニアが少人数しかいない組織でのオンコールローテーションについて「そういう状況では頑張るしかありません」と書いてあって笑った。そりゃそうするしかないよね…。うちの仕事の場合、休日はほぼ毎回上司が出勤して、上司がどうしてもでられない場合のみ自分が出勤するという状況なので、どうにかならないものかなとは思ってるのだけど…。

学習について仕事の一部というなら、勤務時間中に行われるべきというのは、そりゃそうだよなと思う。だから、自分は後輩社員や部下にたいして「勉強して」と気軽にいえない(その分、業務時間を減らさないといけないため)。

ドキュメント作成については、面倒で後回しにしてしまうけど、やっぱり大事なのだろうなと思った。特に、ナレッジ共有が大事なんだろうなと思う。SharePointを使えそうではあるけど、どういうふうに使えばいいのかよく分かってない。会社でも、ほぼ共有フォルダのような扱いでしか使えてない。

本題とは関係ないけど、アメリカでも新型コロナウイルスの騒動の時に、トイレットペーパーが希少になったそう。あの時って、なんでトイレットペーパーが売り切れたのだろう。実はいまだによく分かってない(マスクが売り切れたのは分かるけど)。

「わからない」という言葉を率直にいえる文化が大事というのは納得。「わからない」といえることは大事だよなと思う。もちろん、勉強不足でなんでもかんでも分からないというのは問題だけど、しったかで進められると後で困ることもあるし。

ただ、読んで思ったけど、個人的にこのあたりのは話は好きじゃないということに気づいた。
一応、全部読んでみたけど、途中から惰性で読んだ。開発の話は興味深く読めるのだけど、運用の話はどうも興味がもてない。これじゃダメだとは思うのだけど。
文字数についてもやたら多かったのだけど、もう少しシンプルにできなかったのかなと思う。

まあでも、そうはいってもこういう考えは大事だよなと思った。
エラーメッセージのログを分かりやすくするというのは、開発側も考慮しなきゃいけないわけだし(分かりづらいと上司からよく言われるので、なんとかしたいとは思ってるのだけど…)。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 中古を購入
感想投稿日 : 2022年11月6日
読了日 : 2022年11月6日
本棚登録日 : 2022年11月6日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする