コンサル一年目が学ぶこと

4.06
  • (51)
  • (64)
  • (31)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 553
レビュー : 80
著者 :
amano225さん 電子書籍を読んだ   読み終わった 

タイトルにコンサルとあるけど、コンサルタントだけでなく、様々な職種においてスキルについての本。
あくまで、様々なコンサルタントによるコンサルをやっているうえで身につけたスキルについて書かれてあったけれども、職種は問わないものが多いように思った。
質問にストレートに答えずに、怒られると思って言い訳をしてしまうというのはやってしまいがちだけど、自分も気を付けるようにしている。質問とずれた言い訳されると余計にイラつかせるだけだろうし。特に新人は確かにやってしまいがちなので、ストレートに答えた方がいいと知っておいたほしい。
あるテーマについて、そのテーマが全然分からない人に説明してみるというのは、いい訓練になるだろうけど、自分はうまくできないだろうなと思う。ITの話とか、母親としたいと思わないし。
なお、「だいたいわかりました」「おおよそわかりました」というのは全く理解してないのと同義とのこと。そのまま信じちゃいけないやつだけど、こういわれた場合どうすればいいのだろう…。仮に分かってないと思ったところで、もうその話はしなくていいという意味なような気もする。
それと、コンサルタントによるビジネスの秘訣は相手の期待値を測り、いちばん重要な部分で期待を超えていくことだとのこと。これは分かるような気もするけど、そう簡単なことではないだろと思う。
とりあえず、ちょっと書式が整っていなくても、スピードと報告が重要なんだろうなと思った。
なお、情報量を増やしたからといって、ビジネスの能力は一切、向上しないとのこと。大事なのはアウトプットということかな。実際、自分も本を多く読んでるほうだと思うけど、だからといって仕事ができるわけではないし(逆に、読書なんて全然しないという人で仕事ができる人も身近にいるし)。
後、コンサルタントはエクセルやパワーポイントの資料の作成がかなり速いらしい。1日で40~50枚のパワーポイントの資料を作ることも珍しくないのだとか。自分は資料作りについては本当に苦手で遅いので、資料作りの速い人は本当にすごいなと思う。資料とは少し違うけど、昔から読書感想文とか作文は、書き始めるのにまず時間がかかった。

レビュー投稿日
2020年11月1日
読了日
2020年10月31日
本棚登録日
2020年10月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『コンサル一年目が学ぶこと』のレビューをもっとみる

『コンサル一年目が学ぶこと』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『コンサル一年目が学ぶこと』にamano225さんがつけたタグ

ツイートする