なかなか自分で決められない人のための「決める」技術

3.42
  • (5)
  • (6)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 15
著者 :
amano225さん 電子書籍を読んだ   読み終わった 

たいして読書スピードの速くない自分でも1時間でさらっと読めた。
全体的には「決断できる人」と「決められない人」の違いについてつらつらと書かれてあった印象。
クリームパスタと激辛カレーのどちらを食べるか迷ってクリームパスタを選んだのに、「激辛カレーも食べたかったなぁ」と思うのは、クリームパスタに失礼という話が、何だそりゃと思ってしまって、素直にうけとめられなかった。
北川景子と近藤春奈と付き合うのならどちらが成功かという話とか(一般的には北川景子だけど、近藤春奈ファンからしたら近藤春奈と付き合うほうが成功だと書かれてあったのだけど、これ固有名詞だす必要あるかと思った)。
後、よく分からなかったのが、決断できる人はとりあえず決めて後から微調整するとのことなのだけど、その際に大事なのが、「時間」「品質」「数字」の観点だという話。時間と品質はともかく、数字の例がすべて金額なのだけど、それなら「数字」じゃなくて「金額」でいいんじゃないのかと思った。数字だけでいうなら時間も数字みたいなもんだし、品質だって考えようによっては数字で表せれるだろうと思うのだけど。「数字」っていうのは抽象的だなと思った。
とはいっても、とにかく決断が速い人は自分の考えが明確にあって、具体性もあるということなんだろうと思う。そりゃそうだろうとは思うけど、自分みたいにそういう基本的なことができてない場合は、意識してやっていったほうがいいのだろうなと思った。

レビュー投稿日
2021年5月4日
読了日
2021年5月4日
本棚登録日
2021年5月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『なかなか自分で決められない人のための「決...』のレビューをもっとみる

『なかなか自分で決められない人のための「決める」技術』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『なかなか自分で決められない人のための「決める」技術』にamano225さんがつけたタグ

ツイートする