頭がいい人の読書術

3.26
  • (6)
  • (11)
  • (21)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 103
レビュー : 32
著者 :
amano225さん 電子書籍を読んだ   読み終わった 

1冊を10分で読み、30分で記事を書いて、10分で記事の投稿作業を行うという著者の本。
この時点で想像すらつかないのだけど、いったいどういう頭の構造をしているのだろうか。
10分で読むコツの一つとしては、3分の1、具体的には本の上部の3分の1だけ読むことで全体を把握することができるそう(これを「タイポグリセミア現象」というらしい)。例として著者の過去の本の下半分をぼやかして読めないようにした例が書いてあったのだけど、読める気がしない。
読書術とは少し異なるけど、一般紙の違いについての解説が少し面白かった。産経新聞は、保守本流の路線とのことで、読売新聞は自民党批判をしないけど、産経新聞は間違ってると思えば自民党にも遠慮しないという。そういうもんなのか(どちらかというと、読売新聞は自民党を批判しないということのほうがビックリだけど)。

レビュー投稿日
2021年5月1日
読了日
2021年4月30日
本棚登録日
2021年5月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『頭がいい人の読書術』のレビューをもっとみる

『頭がいい人の読書術』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『頭がいい人の読書術』にamano225さんがつけたタグ

ツイートする