北欧女子オーサ日本を学ぶ【電子特典付き】 (コミックエッセイ)

  • KADOKAWA (2020年2月14日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1

スウェーデン出身の著者が日本のマナーについて学ぶというコンセプトの本。
本当、日本はいろいろ気にしすぎじゃないかと思わなくない。もうちょっと感覚的に分かるものだけのマナーだけでいいようにならないだろうか。
会席料理の海老が鬼の金棒を見立てている話とか、言われなくても分かる人なんているのかと。100歩譲って鬼の金棒っぽいと思ったとしても、節分はイメージしないだろうと思う。
「渡し橋」はマナー違反ってそういわれてみれば聞いたことあるような気もするけど、普通にやってしまう。箸置きなんてそうそうないしなぁ。箸袋で箸置き作る人っているけど、記憶力悪いうえに不器用な自分にはできない(そもそも、やろうと思ってないだけだけど)。
後、漫画で日本を学んだからといって、日本人は走りながらトーストを食べるとは思わないだろうとは思った。海外の話には、遅刻しそうになって走りながら物を食べる描写ってないのだろうか。
それと、継承について「~ちゃん」や「~さん」「~先輩」はともかく、「~後輩」というのはそうそう使わないと思うのだけど、どういう漫画で使っているのだろう。
後、「ご苦労様」というのは目上の人から下の立場の人にたいして言う言葉なのは知ってたけど、「お疲れ様でした」も上の人から下の立場の人にたいして使うということは初めて知った。いや、初めて知ったというより、他の本には、目下の人が目上の人に使うと書いてあったような…。どうしたらいいんだ…。もう、気にしすぎたらキリがないので気にしないようにしよう…。
後、日本にはシスターという言葉がないから、「お母さんのシスター」と書かれた海外の小説を「お母さんの妹」と翻訳したら、続編で実は姉だったという話が面白かった。シスターを訳すとすると「姉妹」となるとは思うけど、「お母さんの姉妹」という言い方は確かにちょっと変かもしれない(兄弟ならそこまで不自然ではないような気もするのだけど)。
後、日本の話だと「本音と建前」も難しい。著者はなんとなく分かったような感じになったようだけど、自分は分かる自信がない。
なお、スウェーデンでは70年ぐらい前に敬語が完全に無くなったそう。正直、敬語は気にするのも面倒だし、そういう社会は羨ましい気もする。
それと、スウェーデンではキャッシュレス社会ということもあって、著者は日本にきて初めて、現金が入れられるATMを見たらしい。むしろ、ATMって現金を入れるものだと思うのだけど、スウェーデンのATMってどんな感じなのだろう…。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 電子書籍を読んだ
レビュー投稿日 : 2021年7月11日
            読了日 : 2021年7月11日
      本棚登録日 : 2021年7月11日

みんなのレビューをみる

コメント 0件

ツイートする