僕がウォール街で学んだ勝利の投資術 億り人へのパスポート渡します

  • KADOKAWA (2020年12月1日発売)
3.94
  • (3)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 10

アメリカで育った日本人を母にもつハーフの著者による、投資本。
「投資はリスクではない。投資しないことがリスク」というのは、まさにそうだよなと思う。
著者は、日本人にもっと金融リテラシーを高めて世界トップクラスの水準にしたと思ってYouTubeなどで活動しているらしい。投資家として自分の資産ではなく、日本人全体の資産のことを考えて活動しているというのにはちょっと感心した。オンラインサロンをやってたら、怪しいと思ってしまうけど、そうではなさそうだし。
投資については、「失敗しよう」という考え方だそう。それが成功の秘訣だと。自分はリーマンショック前に株を初めて失敗したから、今となってはあれは確かにいい経験だったかなと思う。今でもマイナスになってしまう株は多いけど…。
ずっと日本以外の国に住んでいたけど、海外の人は日本の将来を心配していると気づいたらしい。日本ってそんな、海外の人にも心配されるような国だったのか。まあ、これだけ急速な高齢社会の国って例がないし、そりゃそうか。
なお、自国の経済はもともと人生に深く影響しているので、ポートフォリオの中で日本株の割合は多くしなくていいとのこと。前にもそんなこと書いてある本を読んだけど、やっぱそういうもんなのか。もう少し、海外の株(というより投資信託)も、投資していきたいと思った。
自分が株を買う時の指標としてはキャッシュフローとPBRとPER、後は配当利回りぐらいしか見ないけど、いろいろな指標があるのだなということが分かった。MACDとかEMAとか初めて聞いた。プロはいろいろな指標をもとに投資してるんだろうな。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 電子書籍を読んだ
感想投稿日 : 2021年9月11日
読了日 : 2021年9月11日
本棚登録日 : 2021年9月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする