私たち日本人が、どこから来たのかという話を「宗教」「宇宙」「人類の旅路」「人間と病気」「経済学」「歴史」「日本と日本人」の7つの教養について書かれた本。
アメリカのエリート大学では、「すぐに役に立たなくていいこと」を教えるよう。なぜなら、すぐに役に立つことは世の中にでるとすぐに役に立たなくなるが、すぐには役に立たないことは長い目で見ると役に立つという考えかただからだとのこと。
この本もそういう理念で書かれてあって、2014年発売と少し古い本だけど、時事的な話もほとんどなく、いつの時代にも通用する話が多いと思った。
それにしても、聖徳太子が実は存在しないのではないかという説がでていることに驚いた。教科書からも消えつつあるらしい。実家の近所にある中山寺という寺は、聖徳太子が作ったといわれてて、中山寺駅にも聖徳太子の銅像があるのだけど、いなかったという結論になったらどうするんだろう…。
筑波大学は昔は東京教育大学という名前だということを初めて知った。何で東京教育大学なのに、筑波大学なんて名前になったんだ…。
宗教に疎い自分は、免罪符というものを初めて知ったけど、ちょっと笑った。免罪符を買えば罪が帳消しになるとのことで、カトリック教会が売り出していたものらしい。それは、キリスト教の教義的にありなのか?
スペイン風邪が最初に流行ったのはアメリカという話があって、スペインじゃないのかよと思ったら、同時期に台湾でも似たような症状が流行していたから発生源は中国じゃないかという話になって、スペイン風邪も中国なのかと。そもそも、中国では新型インフルエンザうのウイルスが生まれやすい環境にあるらしい。中国では、豚と一緒に暮らしている人が多いらしく、その豚を介して変異して人にうつるのだとか。清潔にしすぎると花粉症のようなアレルギー反応が起きるというようなことが書かれてあったけど、やっぱり世界的に清潔にしていったほうがいいのではないかと思った。
経済学については、その時代、時代に経済学者が経済理論を考えて浸透していったそうだけど、フリードマンという人の考えとアダムスミスの考えの違いがよく分からなかった。その間にマルクスやらケインズやらの唱えた経済理論があったそうだけど、結局最初に戻ってきただけじゃないのかと。まあ、そんな単純な話ではないのだろうけど。

2021年2月8日

子どもの学力をあげるには、また、子どもの将来の年収を増やすにはどうすればいいかということについて、様々な調査結果をもとに説明した本。
いろんな実験結果により、子どもの学力をあげるにはどうすればいいかが書かれてあって、子どもを持つ親には読んだほうがいいのではないかと思えた。
はじめにでの、中間試験になると祖母が亡くなる人が増えるという話が面白かった。いったいどういう因果関係でそうなるのだというのは確かに不思議だ(そんなことないか)
学歴ごとの生涯年収の差において、高専卒と短大卒が同じカテゴリーになっていることに少し違和感があった。確かに、留年していない場合は最終学歴卒業時点の年齢はどちらも同じだけど、この二種類については違いはでてくるんじゃないかなと思う。
なお、子どもに何かをさせてご褒美を上げる場合、「テストでいい点をとったら」というようにアウトプットによるご褒美よりも、「本を1冊読む」というようにインプットによるご褒美のほうが、テストの点があがったらしい。これは意外な気もするけど、どうすればテストの点があがらないと分からないとそもそもあげようがないということなのかな。
相関関係と因果関係については本当、何かを語る上で気を付けたいところだろうなと思う。自分も気を付けたい。
ただ、タイトルに学力とあるけど、一番大事なのは非認知能力、何より「やりぬく力」と「自制心」が重要なのだろうなと思った(この二つを伸ばせば、学力もあがる傾向にあるよう)。

2020年11月22日

読書状況 読み終わった [2020年11月22日]

日本における賃金や雇用について、これからどうなっていくかを予測した本。
だいたいの問題は、少子高齢化問題が原因なんだろうなと思った。
AIなどによる生産性向上による雇用減少については、アメリカについては確かに問題だろうけど、生産者年齢の数が減っている日本については問題といえるか微妙なところだとは思う。そういう社会に対応できない人がでてくるだろうとは思うので、そういう意味では問題だと思うけど。
はじめにで書かれてあった「経済学者になるには冷徹な頭脳と温かい心の両方が必要である」という言葉は初めて知った。アルフレッド・マーシャルという方の言葉だそう。いい言葉だなと思ったので、覚えておきたい。
それにしても、1990年には少子化問題をうけて、どうすればいいかの提言(これからの家庭と子育てに関する懇談会)をだしていたという。安倍政権でようやく、「幼児教育の無償化」や「待機児童の解消」を打ち出したとのことだけど、どうしてこんなになるまで何もできなかったんだ。
自動車については、今後、電気自動車にシフトしていく方向なんだろうなと思った。海外では、将来的にガソリン車を廃止していく動きになっているらしい。電気自動車っていまだに公道を走ってるのみたことないのだけど、日本でも普及していくのだろうか。サービスエリアやショッピングモールに充電スタンドがあったりするけど、そこに車が止まってるところすら見た覚えがない。

2020年11月14日

読書状況 読み終わった [2020年11月14日]
カテゴリ 中古を購入

値付けについての本。
ようは行動経済学(もしくは心理学)にもとづいた考え方なんだろうなと思った。
昔、「100円のコーラを1000円で売る方法」という本があったけど、言いたいことは基本的にこの本と同じだと思う。ただ、本書は表紙に女性の絵が描かれてあるけど、「100円のコーラを1000円で売る方法」と違って小説ではない。
と、ここまで書いて念のため調べて気づいたけど、著者が同じだった……。
大塚家具がニトリ路線を目指そうとするのはやっぱり失敗だったよねと思った。路線変更時から言われてたけどね(もちろん、中には娘支持の人も多かったので、そのまま安くする路線になって失敗しちゃったわけだけど)。あの親子は和解しそうな雰囲気でなにより。
Netflixの動画コンテンツ制作費が2018年の約1兆4000億円らしく、これはハリウッドのすべての映画スタジオの製作費の合計を超えていると書かれてあって衝撃。Netflixってそんなに儲かってるのか。自分は一時期使ってたけど、すぐにやめた(正確には、無料期間内で解約しようと思ったけど、解約し忘れていて1か月延長することに……)。
「安すぎて、品質が不安だ」「安いけど、品質に不安はない」「高いけど、買う価値はある」「品質がよくても、高すぎて変えない」といった質問は、時々アンケートサイトのアンケートでされる。PSM分析というらしい。こういう質問、いつも考えて値段を書くのだけど、そもそも、こういう商品がでたとしても自分はタダでも買わないと思う商品も結構あったりして、どうしようか迷うことがよくある。

2019年4月27日

読書状況 読み終わった [2019年4月27日]

人口減少や少子高齢化にともなう経済問題について、どう解決していけばいいかを海外の研究などを参考に書いた本。
その中でも特に有効だと思われるのが最低賃金の引上げで、イギリスでは効果がでているらしい。最低賃金を引き上げると失業者が増えるという意見もあるらしいけど、中には、最低賃金を引き上げたことによって労働意欲が増し、労働者が増えるという時もあったのだとか(失業率が増えるということはほぼない)。ただし、一気に高く引き上げると問題があるようで、韓国では失業率がさがってしまったらしい。
それにしても、日本の人口の減り方は相変わらずすごい、というよりひどいなとつくづく思う。ベビーブームなんてものが二回あったうえに、団塊ジュニアが就職氷河期世代と重なってしまったのが一番の原因だとは思うけど、そもそもなぜベビーブームなんてものがあったのだろう。それがなければ、こんなひどい減り方になることもなかったのだろうし。いやでも、それがなければ経済成長もできなかったのかもしれないのか。その二つの世代がいなくなれば、減り方は穏やかになるだろうけど、それまで日本が存続しているかどうか…。
途中、年代とインフレ・デフレ要因の関連について、子どもが増えるのはインフレ要因、生産年齢人口(15~64歳)が増えるのはデフレ要因、高齢化はインフレ要因、超高齢化はきわめて大きなデフレ要因と書いてあったのだけど、生産年齢人口が増えるのがデフレ要因というのがよく分からなかった。物が安いほうがいいからか? 給料をもらってる世代なのだから、インフレでもいいような気がするのだけど。ちなみに、日本は超高齢化社会なので、きわめて大きなデフレ要因だとのこと。安倍政権が異次元緩和を行っても2%のインフレ目標に届かなかったのは、日本の人口動態が原因とのこと。確かにそれはありえそうだなと思った。
人口が減っているのに、通貨の量を増やすだけで2%のインフレ目標を実現するのはかなり難しいのだなと思った。そもそも、人口が減ってる分、需要が減ってるそうだし。
ところどころでてくる、日本の人材評価ランキングは世界4位という記述があったのだけど、これはどういう指標をもとにしたランキングなのかいまいちよく分からなかった。第4位(先進国の中では最高順位)なのに、生産性が28位だから、日本は社員の能力を生かし切れていないということなのだけど、そもそも何をもって4位になったのかと。
なお、この本でいいたいことは最低賃金の引き上げだと思うのだけど、イギリスでは最低賃金は地域別に違わないらしい。日本は都道府県によって最低賃金が異なるので、東京に一極集中するのもそれが原因だろうとのこと。確かに、それはありえそうだなと思った。何で分けてるのだろう。地域活性化にはふるさと納税より、最低賃金の統一のほうがいいような気がしてきた。
ちょっとビックリしたのが、著者が「日本は最低賃金を上げるべきだ」と主張をすると、「日本人の給料が低いのは美徳です」なんて反論してくる人がいるということ。マジでそんな反論してくる人がいるのかとビックリした。何で賃金が低いことが美徳になるのか意味が分からない。
後、日本は子どもの教育はしっかりしているけど、経営者の教育が十分なされてるとはいえないとのこと。確かに、そういわれてみると社会にでたら教育を受ける機会ってそうそうないから、大学を卒業して数十年たっている経営者からすると、知識は教育を受けた数十年前で止まってしまっている可能性もあるわけだしね。確かに、このへんちゃんと教育していったほうがいいのかも。

2019年4月24日

読書状況 読み終わった [2019年4月24日]

『中国嫁日記』の作者による、お金と経済の話。
作者がアル・シャードという経済に詳しい人(専門家というわけではないらしい)から講義を受け、それを読めの月(ゆえ)さんに話したやりとりを漫画にしたという内容。(漫画の内容は明治大学在籍の経済学者の飯田先生に監修してもらっているので、大きな間違いはないと思われる)。月さんが予想外の質問をしてくることもあるので、作者も勉強したらしい。こういうのもアウトプットなんだろうなと思った
それなりに経済の本はちょこちょこ読んでちょっとは分かっているつもりだったけど、この本は結構、初めて聞くような話が多く、とてもためになったし面白かった。
それにしても、この本を読んでいるとマルクスって実は別に大したこと言ってないんじゃないのかと思った。予想でいろいろ書きすぎだろと。そういう意味では、データを分析して発表したピケティはやっぱりすごいんだろうなと思う。
後、消費税増税について。自分はなんとなく、10%への増税はしかたないのかなと思っていたけど、この本を読むと日本経済のことを考えてもやめたほうがいいんじゃないかと思った。消費税には消費を抑える役割もあるから、消費税増税はデフレの懸念があるらしい。少なくとも、デフレで問題になっているときにはやっちゃいけないそう。そういや、日本に消費税が導入されてからが失われた〇〇年っていわれてるしね。もう、いっそのこと下げた方がいいんじゃないのかとこの本を読んで思った。
選挙についても書かれており、短期的にはいかないほうが得かもしれないけど、あまり長期的に同じ政権が権力を持ち続けているのは問題なので、選挙にはいったほうがいいとのこと。そもそも、選挙権があるってだけでものすごい得なんだとか。自分の1票なんかで世界は変わらないと思うかもしれないけど、やっぱり大事なんだろうなと思った。

2019年3月2日

読書状況 読み終わった [2019年3月2日]

よく聞くイノベーターのジレンマについて、経済学的に解明した本。
なんだかちょっとまどろっこしい書き方な気もしなくはないのだけど、確かにそういわれてみればジレンマに陥ってしまうのも無理はないのかもしれないと思えた。
成功した企業もずっと成長し続けるのはなかなか難しいんだろうと思う。イノベーターのジレンマを克服した企業として思いつくのはAppleだけど、最近は陰りが見え始めてるし(ジョブズは偉大ってだけかもしれないけど。ただ、iPod touchの新作は個人的には出してほしい)。
ただ、この本を読んで、IBMが自己破壊を繰り返して成長してきたとのことで、すごいなと思った。Wikipediaページを見たら面白いと書いてあったので、時間があれば読んでみたい。
ところで、従来事業が成功したらそれがずっと中心の事業となるというような話で、マイクロソフトが今後ウィンドウズ事業部やオフィス事業部よりも強力な社内勢力は生まれにくいと書いてあったけど、最近だとAzure事業の勢力は高まっている気はする。
ロダイムという会社が起こした3.5インチHDDの特許訴訟は初めて聞いたけどちょっと面白いなと思った。下町ロケットみたいだ。こんな訴訟事件に10年も突き合わされたら勝ってもたまらないな。

2019年2月8日

読書状況 読み終わった [2019年2月8日]

経済学について漫画で解説した本。この本では、過去の日本や世界の経済情勢について解説している内容が中心だった。
バブルは30年周期でやってくるという説があるらしい。東京オリンピックや大阪万博がどう影響してくるかによりそうだけど。
日本が高度成長期で成長できたのは、ブレトンウッズ体制という仕組みでお金を借りることができたのが大きかったらしい。それと、1ドルを360円という円安レートに固定した影響が大きかったらしい。日本が成長できたのは、ある程度はアメリカの思惑があったからだったのか。
消えた年金記録問題は結局どうなるんだろうか。まだ4割ほどが宙に浮いた状態なんだとか。自分はその事件以降に年金に加盟したから大丈夫だろうけど、両親がどうなっているか心配だ(大丈夫だとは思いたい)。
それと、日本で初めて消費税の導入を提案したのは大平正芳という人で、その人は解散総選挙の選挙活動中に倒れて帰らぬ人となったらしい。そんな総理大臣が過去にいたのか。名前すら知らなかった。

2018年12月16日

読書状況 読み終わった [2018年12月16日]
タグ

経済学をよく知らない二年目の社員を主人公にして、経済学を学んでいく漫画。
分かりやすいっちゃ分かりやすいのだけど、経済学者についての話は必要だったかなぁ? 言ってることがバラバラで、「結局何がいいんだよ!」ってなる(何がいいとかそういうことを言いたいわけではないのは分かるのだけど)。
にしても、甥っ子が健気すぎる。多分、姉の子どもだと思うのだけど、会社が倒産したことを弟には伝えてなかったのか(子どもには伝えてるのに)。

2018年11月11日

読書状況 読み終わった [2018年11月11日]
タグ

サンクコスト効果や同調バイアスなど、感情に流されて損をしてしまうことを回避していって成功するというサクセスストーリー。
まあ、いいたいことは分かるけど、難しいよなと思った。例えば、見に行った映画がつまらなかったらさっさと出たほうがいいとかそういうことだと思うのだけど、つい「もう少し見たら面白くなるのでは」と思ってでられなかったりする。
でも、そういうバイアスがあると考えるだけで確かに間違った選択をすることは減ることは少なくなるのかも。
そういえば、たまに会話文が続いていて、誰の発言がよく分からなくなるところがあった。複数の人間が会話する場面は、どの会話が誰の会話なのかもうちょっと分かりやすくしてほしい。

2018年4月7日

表紙にかわいい女の子が描いているけど、中身は普通のビジネス本という最近よくある本の一つ(そうだとは思ってたけど)。
経済は時に合理的ではなく、感情的に動くということを論理的に解説した本。ミスドの売上が不振で、閉店が相次いでいるのはコンビニドーナツのせいと思ったけど、一概にそうとは言い切れない(というよりも、あまり関係なさそう)と思った。実際、コンビニがコーヒーを提供し始めても、コーヒーチェーンの売上が不振になったり、閉店が相次いだりしたわけではないのだとか。そもそも、日本の文化にドーナツがあわないのかもしれない。海外から人気ドーナツ店が日本に進出してもうまくいってる気がしないし(クリスピードーナツとか)。
他にも、カラオケ業界は好調なのに、カラオケチェーンのシダックスについては失速して閉店が相次いでいるとか。今のカラオケは一人カラオケが多くなっているせいで、食事に力をいれているシダックスは売上が伸びなかったらしい。まあ、カラオケで食事ってそんなに食べないしなぁ。まあ、最近の自分は一人カラオケすら行かなくなったけど。
なお、諸外国に比べて日本の所得はここ20年増えていないらしい。むしろ、父親の話を聞いていると減ってるようにも思うんだけど、どうなんだろう。そのせいで、車の価格帯は上昇してるから車が日本人の若者に売れないらしいのだけど、それだけじゃんくて中古市場も日本では活発ではないからというのもあるよう。アメリカは新車1台に対して3倍が中古車だけど、日本は中古車は新車の半分なのだとか。そんなに中古車って売れてないのか。前職では中古車関連のシステムに携わっていたから、自分が知らないだけでそれなりの数はあるんだろうなと思っていた。
それにしても、ヨーロッパの国ってなんでこんな働き方がゆったりしているのだろうか。こないだも、フランスのパン職人が週に1度も休みをとらなかったからと裁判で罰金を科されたというニュースが話題になってたけど、日本とは大違いだなと。
後、現在の日本の輸出額はドイツや米国と比べてかなり小さいという話がちょっとショックだった。輸出国っていうのもだいぶ前の話なのか。TPPが吉と出るか凶とでるか。
後驚いたのが、英語力ランキングでドイツが10位、日本が30位なのにたいし、フランスが37位だということ。えっ!? フランス人って日本人より英語できないの?

2018年3月17日

読書状況 読み終わった [2018年3月17日]

分かりやすいけど今の自分にはまだちょっと難しいピケティについて書いた漫画。
とりあえず、r>gだけ覚えていたら、話のネタぐらいにはなるかもしれない。

2015年10月31日

読書状況 読み終わった [2015年10月31日]
タグ

まさかの漫画がコミPoだった。
ピケティって最近よく聞くけど、よく分からないので読んでみた(700ページ近くの本を読む気はまったく起きなかった)。
つまり、金持ちはどんどん金が増えて、そうじゃない人はそんなに増えないから、どんどん格差が広がるということなんだと思う。とにかく、『r>g』というのを覚えておけばよさそう。rは資本から得られる収益率で、gは所得の成長率とのこと。しったか知識で誰かに話してみたい(多分、墓穴ほるだろうけど)。
まあ、相続税をもっと高くすれば解決しそうな気がした。そういえば、ベーシックインカムを唱えていた人が昔、「相続税を100%にすればできる」と言ってたっけ。誰が言ってたかは忘れた。
最終章は、将来的にも投資したほうがいいという話。金持ち父さんを思い出したけど、実際そのとおりなんだろうな。自分も漠然と投資したほうがいいんだろうなと思ってはいるのだけど……。
それにしても、リカードやマルクスやクズネッツが今となっては間違いだったと言っているのを見ると、ピケティも100年後には、間違いだったと言われてる気がしないでもない。

2015年7月12日

読書状況 読み終わった [2015年7月12日]
タグ

『働き方』というよりは、『労働』の教科書という印象。労働者としては、労働法をもっとちゃんと知っといたほうがいいのかもしれないと思った。幸い、今の職場に不満はないけど(給料は少ないが……)。
比較優位の観点はなるほどなと思った。後輩社員より先輩社員のほうがたいていのことは早くできるけど、先輩社員一人が全てをやっちゃいけないんだよな。当たり前なことかもしれないけど。
驚いたのが、60年ほど前の1958年には日本的経営というのがあったと知って驚き。昔から定年制度はあったんだなぁ。
後、『できる解雇』についての話が少し興味深かった。『懲戒解雇』『普通解雇』『整理解雇』の三種類があるらしい。普通ってなんだよという感じだけど、入院や障害なので今までどおりの仕事ができなくなった場合の解雇のことらしい。入院したらクビになったという話を聞いたことあるけど、ちゃんと合法だったのか。
ただ、能力不足を理由に解雇できないことにちて、会社が正社員を雇うのは宝くじを買うようなもの。という喩えを使うのはどうかと思った。むしろ、仕事に貢献するように育てることができなかった会社が悪いと考えたほうが納得できる。宝くじの場合は、買った後に何をしても当たりは当たりだし、ハズレはハズレだけど、社員は違うだろうしなぁ。
まあとにかく、今後も機械に職を奪われないようにがんばって働こうと思った。

2015年4月12日

読書状況 読み終わった [2015年4月12日]

風邪のせいかよく分からないところも多かった気がする。ただたんに自分がこういう経済学の分野に詳しくないだけかもしれないけど。
最近は株価や円が乱高下してる日本経済だけどこれからはどうなるだろうか

2013年6月22日

読書状況 読み終わった [2013年6月22日]

本書の始まりがいきなりジンガに対する褒め言葉から始まるけど、ちょうどこの本がでてすぐぐらいに状況が悪化したという・・・。
この本には、人間関係を『親友』や『協力者』『情報源』といった具合にカテゴリーわけしてあって、一人の人間がだいたいどれぐらいの人数、人間関係を構築しているかも書いてあるのだけれども、ここに書いてあるのよりも少ないだろな・・・。多分、3分の1から半分ぐらい・・・。そもそも、Twitterで会話することが滅多にない・・・。
記憶はあてにならないというのは自分も最近感じた。iPod touchがほしくてやっと手に入れたので、ためしに自分のTwitterでiPod touchを検索してみたら、発表時のツイートが"別にほしいと思わない"だったという・・・。
後、ひとりの専門家よりも素人の集団のほうが優れた予測を行うことができるという例に、株式市場をあげるのはどうなんだ・・・(天気や競馬ならともかく)。株式なんて多数決みたいなものなのだから、そりゃそうだろうと思うのだけど・・・。

2012年11月2日

名前のとおり、行動経済学について漫画とそれに詳しい補足を書いたエッセンスで構成された本。
自分も感覚で判断するのではなく、合理的に判断できる人間になりたい。

2011年5月21日

読書状況 読み終わった [2011年5月21日]
タグ
ツイートする