陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)

3.39
  • (233)
  • (328)
  • (1140)
  • (67)
  • (17)
本棚登録 : 3249
レビュー : 301
著者 :
prohibitionさん  未設定  読み終わった 

随分前に読んだ本ですが再読しました。結果的に、ですが。屋敷に着いたあたりで思い出しました。でもそのままフラーっと読んでしまいました。このシリーズは何とも言えない雰囲気が漂うのですが、榎木津さんが出てくるとほっとします。そして彼の発言でまた混乱します。どんな人物か知っているし犯人も分かっているのに。

レビュー投稿日
2017年5月13日
読了日
2017年5月12日
本棚登録日
2017年5月12日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談...』のレビューをもっとみる

『陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする