Charlie and the Great Glass Elevator

3.78
  • (5)
  • (11)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 10
著者 :
amazon-lilyさん 洋書:Roald Dahl   読み終わった 

ドタバタ劇の連続で、好きにはなれなかった本だ。アメリカだけでなく、世界の国々、政治家に対する侮蔑が著しく、気分が悪くなる。
また、前作のCharlie and the Chocolate Factoryでは孫思いの仲のよいおじいちゃんおばあちゃんたちが、この作品では自分中心で、他人に責任をおしつけ、言葉悪しざまにののしる様子は残念で読むに堪えない。いろいろな出来事を経てなお、最後まで結局自分中心で、やるせない。
そうした中、ワンカ氏の魅力は前作よりも強烈に訴えるものがあり、すっかり魅了された。”もし~だったら・・・”なんて言ってたら何にもできない!といつも思い切って行動し、またどんな状況になってもとてつもなくポジティブで、熱いハートがある。
チャーリーがワンカ氏の後を継ぐにはまだまだ学ぶべきことがいろいろありそうで、チャーリーの今後の成長に想像が膨らむ。

レビュー投稿日
2013年1月25日
読了日
2013年1月23日
本棚登録日
2013年1月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Charlie and the Grea...』のレビューをもっとみる

『Charlie and the Great Glass Elevator』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『Charlie and the Great Glass Elevator』にamazon-lilyさんがつけたタグ

ツイートする