大奥 第6巻 (ジェッツコミックス)

4.29
  • (338)
  • (285)
  • (105)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 2463
レビュー : 188
飴南瓜さん 漫画   読み終わった 

綱吉が家宣を養子に取る事を決め、すがる父から逃げひらりと上の着物を脱いだコマが印象的だった。
しかしその次の瞬間右衛門佐が息を引き取った事を知る。
泣いた。ただ好きである事を真っ直ぐに伝えるばかりで済まない時代背景。
家宣の小姓・間部の愛にも泣いた。
何だろな。女で描いているからなんだろうか。
気持ちの入りようが半端無い。

レビュー投稿日
2010年9月24日
読了日
2010年9月24日
本棚登録日
2010年9月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『大奥 第6巻 (ジェッツコミックス)』のレビューをもっとみる

『大奥 第6巻 (ジェッツコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする