林芙美子随筆集 (岩波文庫)

4.00
  • (5)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 7
著者 :
制作 : 武藤康史 
amijoさん  未設定  いま読んでる 

『放浪記』で有名な林芙美子の随筆集です。『放浪記』出版後一躍有名となり、次々と小説を出して忙しいさなかだった昭和10年前後のエピソードが集められています。(文末の解説より)

まださわりしか読んでいませんが、日々の何気ない出来事や物思いをつづる表現が新鮮で、ドキドキします。

「いい作品と云うものは一度読めば恋よりも憶い出が苦しい。」

上は、才能がありながら病気のために遠くの故郷へ帰ってしまった
小説家の友人を、林芙美子が思い返すくだりの一節。

ドキリ、としませんか?

こんなはっとするような言葉がちりばめられていて、
今は宝探しをするように少しずつ読み進めています。

レビュー投稿日
2010年1月23日
本棚登録日
2010年1月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『林芙美子随筆集 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『林芙美子随筆集 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする