ついに、愛の宇宙方程式が解けました: 神様に溺愛される人の法則

著者 :
  • 徳間書店 (2015年11月5日発売)
4.13
  • (6)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
感想 : 6
5

不思議大好き、見えない世界を探索する著者。
自分に起った数々の奇跡はなぜ起ったのか?
「空間」の考察をもとに、理論物理と宗教がつながっていく。それはアインシュタイン、湯川秀樹、岡潔といった学者と通じる宇宙観だという。

そして「空間」と「愛・情」の関係を導き出す。
「見える」物質世界は、「見えない世界」である素領域を飛び移る素粒子が造っている。(「素領域」とは空間の最小構成要素)
我々人間がどのように空間に向き合うかで、空間から返事が返ってくる・・・ようは「愛することで空間が味方になる」という。
アインシュタインの有名な方程式 E=mc2(二乗)。
mは「質量」のほかに、「愛」を代入できる。
神の愛は宇宙に遍満なく染み渡っているのだ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: その他
感想投稿日 : 2016年5月7日
読了日 : -
本棚登録日 : 2016年5月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする